DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:読書
小林泰三著 読了。

序盤に於ける一族の描写で一気に引き込まれた。凄く魅力的で面白い。
後半も面白いのだが、一番心躍ったのは最初のガ視点のエピソード。こういった人類とは根本から異なる価値観や在り方をした存在を使ってここまで面白く描けるのは凄い、というか頭の中できちんとしたビジョンが描けている=構築した世界を把握していると言う事なのだろう。


で、ちょっと考えたのだけれど(というかこの位の事を考えて、真面目に取り扱ってるSFなんて星の数ほどあるのだろうが)本質的に異質な存在を人間が書こうとしても、それらはどうやっても人間の思考の限界の外にははみ出せない、つまり一定以上の異質さをもった存在は想像できないと思う。
人類とは異なる形態で発展と遂げた、とか、異なる文化形態を持つ、あるいはそんな概念を持っていない、とか色々とあるのだろうが、結局の所そういった異質な「宇宙人」達は『種を繁栄させ、拡大する』という指向を持って存在する。
本作の『一族』だって人類より数段上の意識レベルと情報の伝達・保存能力を持っているが、本質的には人類の延長線上にいるような気がする。勿論遥か先に延長しなければならないし、
そうでなければ後半、主人公とまともな意思疎通やガの肩入れも発生しなかったろう。
で、ここで考えるのが『種が発展・維持される』という方向性以外で自存するものはおるまいか、ということ。
それが何なのか、自分には皆目見当もつかないのだが、誰か凄いSFの人が考えてそうな気がする。
もしそんな作品があったら心底触れてみたいと思う。それが人類の指向、思考から逸脱していればしているほどに。
多分ファーストコンタクトもので沢山あるんだろう。そういうもので傑作を探すべきかなあ。

いやまあ、とにかく面白かった。
しかし実に神話だなこの話は。こんな想像力豊か過ぎる記述を見てみたい書いて見たい。これはホラーはホラーでもコズミックホラーっぽいからクトゥルーに近いような。
というわけで、ゆらぎの神話をどうか宜しく。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © あお空。  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。