DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:Fate
ハ ル ト
「Halt!」

はて? 支えろ?
唐突に響いた女の声に、俺が振り向いた瞬間、

弾!

顔の側面を掠めていく漆黒の弾丸。高密度の魔力は、眼前の魔術師の指先から放たれていた。

「止まれ、っていったのよ。サーヴァント。いいからそのまま動かず質問に答えなさい」
目の前に立つのはランサーと入れ替わるようにして立つ一組の男女。
一人は女。ガキだがまあわりといい女だ。乳は無いけど。もう一人は男。長身を漆黒の軽鎧と赤い外套に身を包み、白髪を冠するその頭部は驚愕に歪められて―――、ん? 驚愕?
「先ず一つ。アンタ、一体誰のサーヴァント?」
誰の、と来たか。さて、何と答えた者やら。
「あー、怒らず聞いてくれると嬉しいんだが」
「何? 怒らないから言ってみなさい」
「知んない。つーかマスター死んでました」
反応待ち。赤いコートを纏った女は(そーいやペアルックだねこいつら)顔を俯かせ、すぅーっと息を吸い、
「な、」
「な?」
なんでそうなるのよこのあんぽんたんっ!!!
怒らないっていったのにー!



聖杯戦争。
願いが叶う【聖杯】を求めて魔術師達が殺しあう、二人一組、七組で行うバトルロイヤル。
七人の魔術師が召喚した使い魔は七つのクラスに分けられ、基本的には

剣の騎士【セイバー】
槍の騎士【ランサー】
弓の騎士【アーチャー】
騎兵【ライダー】
暗殺者【アサシン】
魔術師【キャスター】
狂戦士【バーサーカー】

というクラスに分かれて戦い、勝ち残ったものが聖杯を手に入れる―――それが聖杯戦争。わあ、とっても解り易ーい。僕ヨクワカッチャッタヨトオサカ先生?
「黙りなさいこの駄犬」
「調子こいてすんませんでした」
必死で土下座。マジで後ろに真っ赤な後光が見えた。
「ったく。 で? アンタ、アヴェンジャーだっけ? イレギュラーなクラスで、セイバーの代わりに召喚されたのよね?」
「うん。まあそうだけど」
「で、マスターは?」
「いや、だから、死んだって説明を、」
「死んでないじゃない」
むう。
おかしいねこれは。
俺は召喚された瞬間、とりあえずサーヴァントの義務だしピンチのマスター助けるかーみたいなノリでマスターを助けようとしたんだが、間に合わずにマスターは絶命していた。
ぶっちゃけこのままじゃあ現世への寄り代の無い俺はすぐに消える筈なのだが、どうも消える様子がないからおかしいと思っていたのだが。
なんで、
このマスター、別人になっているんだろう。
女。そう。女だった。
髪は短く、女にしてはすらりと長い身体に堅っ苦しいスーツを着込み、何故か背中に銀色の筒を背負っている。
そして、極めつけに奇妙なコトに。
俺が先程切り落としたあの腕が、何故かこの女の左腕になっていた。
その手の甲には、赤く輝く三つの令呪。
絶対命令権、サーヴァントの首輪にしてマスターの命綱。
これがある限りサーヴァントはマスターに絶対服従、聖杯戦争における最も重要な要素の一つ。
楔、いや、双方向に刃を持つ槍を模したような意匠の令呪は、間違いなく俺との繋がりを示すものだった。
「どういうことよ? 貴方の話と大分食い違うんだけど?」
女、遠坂凛、と名乗った魔術師は物凄い剣幕で俺を睨む。
「あー、その、なんつーか」
「何よ。申し開きがあるなら言ってみなさい」
むーっ、と睨みつけられる。顔は可愛い方だと思うんだが目がマジだ。
と、隣の男、【アーチャー】のサーヴァントが、
「そんなことはどうでもいいだろう、リン。ここまでの好機、そうそうあるまい。さっさとこのサーヴァントを倒して次に進むまでだ」
うわあ全然嬉しくないけど普通の指摘だからなんか納得してしまう不思議。
「・・・まあ、それはそうなんだけど」
納得しないでお願いだからー!
「でも、なんかフェアじゃないじゃない。寝込みを襲ってるみたいだし」
「関係あるまい。いいかねリン。そんな事を言っていてはこの先勝ち残る事など到底・・・」
「あ、ちょっと待ったアーチャー」
「話を逸らそうとしても無駄だ。大体君は少しばかり甘さが・・・」
「いや、起きてる」
「「何?」」
俺とアーチャーの声が期せずして調和してしまい、アーチャーが凄く嫌な顔をしたがそれはまあいい。
土蔵の中、床にうつ伏せに倒れた女はなんか微妙に色っぽく呻くと、ゆっくりと眼を開いて―――、
「ここ・・・は・・・?」
その瞳を、見開いた。

スポンサーサイト
コメント

うほ、これはよいアヴェンジャー救済SSですね。

まさか士郎の出番ってこれだけ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-


管理人の承認後に表示されます



copyright © あお空。  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。