DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |



DATE: CATEGORY:記述
「光アレ」
ロディマス・エンスロジャーの言葉。
(エンスロジャーは珪光灯の発明者)



なんだろう。アレだ。ツンデレってつまり、
夫の前ではツンツン、
          恋人の前ではデレデレ、ってことでしょう?
スポンサーサイト
| BLOG TOP |



DATE: CATEGORY:読書
古川日出男著  読了


犬の年代記。二十世紀後半に展開される大戦後と冷戦構造に利用された軍用犬たちを主軸とした物語。

珍しいことに二人称。地の文が犬よ、犬よと語りかける口調というか文体が印象的。
そのせいか筆致が力強く、牽引力がある。
なんだろうか。
犬を通して見た人間の物語のようにも思えるし、素直に犬を主役とした物語のようでもある。
ただ、この場合犬というのは特定の固体を示さない。
血統というより血脈、あるいは種族や世代の流れそのものが主役とでも言おうか。
この本の主役は、「犬」という概念そのものじゃないかと思う。
作中で犬たちは、軍用犬として扱われたりアラスカで橇を牽かされたり、品評会に出されたり、太平洋に乗り出したりするわけだが、一貫しているのは始終人間の都合によってその運命を変えさせられるということ。
そして犬たちは、人間の思惑に構わず超然と交尾しまくる。
そう、交尾して交尾して、繁殖するのである。
なんというか、やたらと発情していたような気がする。うん、そして増えまくっていた。戦場だろうと何処だろうと交尾しまくりである。凄いね、犬。
そうして増えた犬たちはあるものは呆気なく死に、あるものは強かに生き延びる。そうして犬の血脈は確実に繋がれていく。
この話はその繰り返しだ。
そして、多分この話の結末の後もそれは繰り返されていく。
その様が、何と言うか、やっぱり超然としている、と形容する事しか出来ない。適当な語彙が見つからず申し訳ないが、犬は人間に使役され、深く関わりながらも、根本的な所で超越的な何かを持っているのである。


とにかく面白かった。 パワーのある小説はいいですな。
| BLOG TOP |



DATE: CATEGORY:読書
米澤穂信著  読了
なんだ、最近良いものばっかり読んでるが、その、一言いいたい。
・・・・・・また傑作か。インフレーインフレー。
内容をキャッチコピーっぽく要約すると、こんな感じ↓


流れるような筆致で描き出された、
自分の存在価値を再確認するための、青春ストーリー。


・・・・・・別に、嘘は言ってない。


米澤穂信作品は割と好きで、古典部シリーズからさよなら妖精、犬はどこだにトロピカルパフェ事件まで読んでいるけれど、
この作品は今までの作品の中でもいい感じに極まってる。
青春、というか時間と選択肢に関する諸々の妄念を凝縮して打ち出してみたような作品。
結末は予定調和だけれど、構成と筆致がスッキリしていて完成度が高い。みんな結末結末言うけれど、過程の方が見事だと思うよ。
というか、トロピカルパフェでも思ったけど古典部の頃と比較して、構成力とか完成度が格段に向上している。
というか、初期の古典部の方が異質なのかな、ひょっとして。


どうもこの話を残酷だとか人道にもとるだとか酷い話だとか言う評価があるようだけれど、そしてそれには同意するが、
この話自体はとりわけ惨いわけではない。わりと当たり前の事を述べているだけである。
問題は読み手。
そりゃ気が滅入ってる時にこんなの読めばOTZ 鬱だ死のう、みたいなことになる。その上、手法が綺麗だから、上手に後押ししてくれる。  


でも多分この話の唯一の良心は、主人公が不幸なことだ。
彼は実際不幸な生い立ちと経験を持っている。
故に、この本を読んで悲惨だ、と呟ける人にとってはなんら問題になりえない。なぜならそれはその人にとって「遠い事」だからだ。


救いが無いとしたら、この本の読者に悲惨だ、不幸だ、と思えずに共感したり素直に受け入れてしまえる人がいた場合。
つまり、実際に不幸と定義可能な読者が居た場合。

或いは、この小説の主人公がこんなに不幸でなく、もっと卑近な不幸さと低俗な絶望を見せつけた場合。

もしそうなったとしたら、その瞬間この話は多分、芸術にまで昇華される。
もしこの本が他人の背中を押すようなことになったら、多分ならないと思うけど、それは賞賛すべきではないが凄い事だと思う。
まあ、指根はこの本嫌いですが。
でも買います。借りた本だけど、書店で買ってきます。書棚に置いとくだけの価値があると思う。いや本気で。
だってほら、ファンだし傑作だったし。

続きにゃ♪ »

| BLOG TOP |



DATE: CATEGORY:読書
菅浩江著   徳間デュアル文庫


螺旋の街、メルルキサス。そこは肉体を変異させた異形の娼婦が住まう歓楽の街。
決して子供を産むことができない異形の女たちから、ある時一人の少年が産み落とされる。
イェノムと名付けられた少年は、女たちから子ども扱いされる日々に鬱屈とした気持ちを募らせながら「おとな」になりたいと苛立ちながら成長していく。
15になったあるとき、イェノムはカレンシアという少女と出会うが・・・・・・



みたいな話。
良質なビルドゥングスロマンでした。
設定はそれほど珍しいものではないけれどしっかり作りこまれているし、話の筋も隙が無い。
何より目を惹くのが、やたらと絢爛な、というか色鮮やかな情景描写。色彩豊かに風景を描写するので、螺旋の街の華やかさとか、<昼の野原>の美しさが際立つのが良かった。



さて、次は空ノ鐘の響く惑星での最終巻と、あとDIVE!を読もう。なんか順番変わってるけど気にしない。


| BLOG TOP |



DATE: CATEGORY:読書
ジェフリー・ディーヴァー著 池田真紀子訳 読了


傑作としか言い様が無い恐ろしい作品。
ニューヨークで発生した音楽学校生殺害事件。
忽然と姿を消した犯人はイリュージョニスト。
連続して起きる殺人に、あらゆる手を使って周囲の目を欺く犯人。

500項で二段組、しかし一晩で読ませてしまうほどのリーダビリティ、目まぐるしく様相を変える展開、そして見事な収束。
・・・・・・収束したと思ったらそこからまた一転二転するから恐ろしい。いや本当に恐れ入る。

傑作だと聞いたので読んでみたが本当に傑作だった。これほどのものはそうは読めまい。

さて、次は亡国のイージスでも読むか。
その次がボーンコレクター。何か色々と順番を間違っているが、気にしない。
| BLOG TOP |




copyright © あお空。  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。